目の疲れを解消する栄養素

3月 8th, 2014

目の疲れを解消する栄養素として、「ルテイン」を聞いたことがありませんか。最近よく耳にすると言う方もいらっしゃることでしょう。
このルテインですがル強い抗酸化作用を持つカロテノイドの一種で、ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれる成分です

目に対する効果としてはルテインとゼアキサンチンは、健康な黄斑と網膜のための大切な要因である黄斑色素濃度を高める働きがあります。ですからルテインやゼアキサンチンが含まれる果物や野菜を多量に食べると白内障の発病率が非常に低くなることや黄斑色素濃度は眼球水晶体の透明度にも関係して来るといわれています。
このルテインは体内で合成することができません。つまり加齢とともに
減少してしまいます。

となると目の衰えや、疲れに影響するルテインは外から補っていかなければならないことになります。
野菜に含まれていると言われているルテインですがルテインの量は微量です。錠剤やサプリメントを利用しましょう。
長時間のデスクワークやパソコン作業と言うのは目を酷使することになります。ケアを怠ると視力にも影響してきます。

 

その目の栄養補給を目的としたサプリメントには、ビルベリーやDHAなどがありますがその一つに「アイブライト」があります。
このアイブライトは簡単に言うと古くから目のサポートを期待されたハーブのことです。
綿毛に覆われた1年草で、高さは4cmくらいの小さな植物で白や赤の花を咲かせます。
ギリシャの学者・テオフラストスにより眼感染症の外用するための浸剤を処方していたとされています。14世紀頃には目のあらゆる疾病に有効なハーブとされ、結膜炎、眼臉炎(まぶたのただれ)、麦粒腫(ものもらい)の外用治療薬として使われていました。
エリザベス女王はエール及び薬草タバコの成分としてアイブライトを取り入れていたとも言われています。
サプリメントやお茶として飲むタイプもありますから目を酷使されている方は取り入れてはいかがでしょうか。
お茶として飲むタイプはリラックス効果もあります。休憩中のお茶として取り入れるのもよい方法ですね。

 

Leave a Reply