筋肉が疲れている?

3月 13th, 2014

しゅう眉筋の衰えはただ筋肉が疲れていると言う事で治まりません。しゅう眉筋が衰えてくると、肌を支えられなくなります。お顔はどうなるのでしょうか。まぶたが垂れ下がったり、シワがよってきたりすることになります。そうなると老け顔まっしぐらです。
つまり目のクマや、肌のくすみなど、顔のトラブルにも影響しているのがしゅう眉筋なのです。
このしゅう眉筋をケアしましょう。
眉の下は、触ったことがありますか。気持ちいいと思います。
眉頭から眉尻にかけて、くるくると、円を書くように触りましょう。そして眉間もくるくるしながら押しましょう。
これくらいは無理をしなくてもできる
マッサージです。
エステに行くことも目の疲れ解消になりますが費用も時間もかかります。毎にに自分でマッサージをすることで眉の周りの老廃物を流してあげることができます。
この場合、目元を温めてあげるとより効果的です。
大事なことは目の疲れを明日に残さないことです。寝る前にホットアイマスクをつけることを勧めします。この眠る前のホットアイマスクはもっとも効果的な使い方なのです。

花王 めぐりズム 蒸気でホットアイマスク

敏感肌だと実感している方は敏感肌スキンケア化粧品の中からあなたの肌に合う化粧品を見つけてみましょう。

年齢をとめることはできません。しかし老け顔にならないようにすることは可能です。
その為には顔のケア、目元ケアをしましょう。
畏まって何かケアをしましょうと意気込まなくても普段の過ごし方からもお顔の持つ表情を変えられます。
無表情でいれば、ホウレイ線はくっきりと浮き出てくるものです。にこやかに笑っていましょう。またおでこや眉間のシワも険しい顔をしていれば出てくるシワです。

普段からの表情作りを意識する事が重要です。笑顔でいることを心がければ老け顔を予防することができます。
もちろん、マッサージも効果的です。

まずはこめかみマッサージしましょう。目が疲れているときや頭が痛い時は自然とこめかみを押していませんか。このこめかみですがへこんでいるのが普通です。膨らんでいる場合はむくみが出ていることになります。
こめかみだけがむくんでいるのではありません。
顔が全体的にむくんでいることになります。
エステなどで小顔エステなどがあります。目元のむくみは顔全体のむくみにつながっているのです。
もちろん目元もむくんで今うから目が小さく見えてしまいます。
時々自分でもこめかみをマッサージしましょう。
親指の腹などを使い、3秒間押します。これだけで頭がすっきりしたり
軽い頭痛などは治ります。
また、疲れ目を左右するのが眉毛の下にある筋肉、しゅう眉筋です。この筋肉は目の使いすぎにより疲れやすい筋肉なのです。

お腹・ヒップなどの脂肪が気になる場合にはキャビテーションエステへどうぞ。

Leave a Reply