疲労、頭痛、肩こり、吐き気など

3月 28th, 2014

「眼精疲労」と言うのは、読書などのように眼を持続的に使うと、眼の疲労感、眼の重圧感だけでなく、全身にも疲労、頭痛、肩こり、吐き気などが起こることです。
一般的に目の疲れの場合、マッサージやツボ押し、睡眠などの休息をとることで、緩和されると思います。また目薬などで対応されている方もいらっしゃることでしょう。
しかしこのような方法では解消されないのが「眼精疲労」です。
少々休んだくらいでは目の疲れが解消されず、例え緩和されたとしても一時しのぎですぐに症状がぶり返してしまうことになります。
いつものケア程度で症状が改善されない場合は「眼精疲労」の可能性があります。
眼精疲労の症状としては、ただ何かを見ているだけで目に痛みを感じたり、目を開けているだけでまぶしさを感じたりすることがあります。日常生活にも支障が出て来ることもあります。放置することでどんどん悪化し体調不良も起こります。
出来るだけ早く眼科を受診しましょう。

目の疲れの症状と言うのは人それぞれ違います。またその疲れを感じる頻度も違ってきます。毎日の人もいれば時々の人もいます。
それはパソコンのモニター、テレビ、携帯ゲーム機、スマートフォンを見ている時間によっても変わってくることでしょう。
その症状としては
・「目がショボショボする」
・「ものを見ていると疲れる」
・「目が乾く」
などなど目に症状として現れる方もいれば
・肩がこる
・頭痛がする
・腰が痛い
などと体に支障をきたすこともあるでしょう。
様々な症状を感じられと思いますがどのような対処をされていますか。
目に現れる症状の場合、目薬で対処される方もいらっしゃることでしょう。

視点をパッと変えたときに、焦点がぼやけるという事はありませんか。このような症状があれば、近視や乱視が進んでいる可能性があります。
何事も早期発見早期治療です。何かしら目に症状を感じたらケアをしましょう。放置はいけません。作業の合間に休息をし、目薬やサプリを摂るようにしましょう。何より、あまり目を酷使しすぎないようにすることが一番のケアです。

つかれていると顔にもそれがでてきてしまいますね。エイジングケア化粧品を使ってみるのもいいでしょう。

Leave a Reply