疲労、頭痛、肩こり、吐き気など

3月 28th, 2014

「眼精疲労」と言うのは、読書などのように眼を持続的に使うと、眼の疲労感、眼の重圧感だけでなく、全身にも疲労、頭痛、肩こり、吐き気などが起こることです。
一般的に目の疲れの場合、マッサージやツボ押し、睡眠などの休息をとることで、緩和されると思います。また目薬などで対応されている方もいらっしゃることでしょう。
しかしこのような方法では解消されないのが「眼精疲労」です。
少々休んだくらいでは目の疲れが解消されず、例え緩和されたとしても一時しのぎですぐに症状がぶり返してしまうことになります。
いつものケア程度で症状が改善されない場合は「眼精疲労」の可能性があります。
眼精疲労の症状としては、ただ何かを見ているだけで目に痛みを感じたり、目を開けているだけでまぶしさを感じたりすることがあります。日常生活にも支障が出て来ることもあります。放置することでどんどん悪化し体調不良も起こります。
出来るだけ早く眼科を受診しましょう。

目の疲れの症状と言うのは人それぞれ違います。またその疲れを感じる頻度も違ってきます。毎日の人もいれば時々の人もいます。
それはパソコンのモニター、テレビ、携帯ゲーム機、スマートフォンを見ている時間によっても変わってくることでしょう。
その症状としては
・「目がショボショボする」
・「ものを見ていると疲れる」
・「目が乾く」
などなど目に症状として現れる方もいれば
・肩がこる
・頭痛がする
・腰が痛い
などと体に支障をきたすこともあるでしょう。
様々な症状を感じられと思いますがどのような対処をされていますか。
目に現れる症状の場合、目薬で対処される方もいらっしゃることでしょう。

視点をパッと変えたときに、焦点がぼやけるという事はありませんか。このような症状があれば、近視や乱視が進んでいる可能性があります。
何事も早期発見早期治療です。何かしら目に症状を感じたらケアをしましょう。放置はいけません。作業の合間に休息をし、目薬やサプリを摂るようにしましょう。何より、あまり目を酷使しすぎないようにすることが一番のケアです。

つかれていると顔にもそれがでてきてしまいますね。エイジングケア化粧品を使ってみるのもいいでしょう。

筋肉が疲れている?

3月 13th, 2014

しゅう眉筋の衰えはただ筋肉が疲れていると言う事で治まりません。しゅう眉筋が衰えてくると、肌を支えられなくなります。お顔はどうなるのでしょうか。まぶたが垂れ下がったり、シワがよってきたりすることになります。そうなると老け顔まっしぐらです。
つまり目のクマや、肌のくすみなど、顔のトラブルにも影響しているのがしゅう眉筋なのです。
このしゅう眉筋をケアしましょう。
眉の下は、触ったことがありますか。気持ちいいと思います。
眉頭から眉尻にかけて、くるくると、円を書くように触りましょう。そして眉間もくるくるしながら押しましょう。
これくらいは無理をしなくてもできる
マッサージです。
エステに行くことも目の疲れ解消になりますが費用も時間もかかります。毎にに自分でマッサージをすることで眉の周りの老廃物を流してあげることができます。
この場合、目元を温めてあげるとより効果的です。
大事なことは目の疲れを明日に残さないことです。寝る前にホットアイマスクをつけることを勧めします。この眠る前のホットアイマスクはもっとも効果的な使い方なのです。

花王 めぐりズム 蒸気でホットアイマスク

敏感肌だと実感している方は敏感肌スキンケア化粧品の中からあなたの肌に合う化粧品を見つけてみましょう。

年齢をとめることはできません。しかし老け顔にならないようにすることは可能です。
その為には顔のケア、目元ケアをしましょう。
畏まって何かケアをしましょうと意気込まなくても普段の過ごし方からもお顔の持つ表情を変えられます。
無表情でいれば、ホウレイ線はくっきりと浮き出てくるものです。にこやかに笑っていましょう。またおでこや眉間のシワも険しい顔をしていれば出てくるシワです。

普段からの表情作りを意識する事が重要です。笑顔でいることを心がければ老け顔を予防することができます。
もちろん、マッサージも効果的です。

まずはこめかみマッサージしましょう。目が疲れているときや頭が痛い時は自然とこめかみを押していませんか。このこめかみですがへこんでいるのが普通です。膨らんでいる場合はむくみが出ていることになります。
こめかみだけがむくんでいるのではありません。
顔が全体的にむくんでいることになります。
エステなどで小顔エステなどがあります。目元のむくみは顔全体のむくみにつながっているのです。
もちろん目元もむくんで今うから目が小さく見えてしまいます。
時々自分でもこめかみをマッサージしましょう。
親指の腹などを使い、3秒間押します。これだけで頭がすっきりしたり
軽い頭痛などは治ります。
また、疲れ目を左右するのが眉毛の下にある筋肉、しゅう眉筋です。この筋肉は目の使いすぎにより疲れやすい筋肉なのです。

お腹・ヒップなどの脂肪が気になる場合にはキャビテーションエステへどうぞ。

目もとエステ アイケア マッサージ器

3月 10th, 2014

リンムー貿易から販売している目もとエステ アイケア マッサージ器 電動ぶるぶるです。
効いたことのないメーカーと言う口コミにもありますが中国語での説明だそうです。こちらは1920円と格安です。
この価格からか口コミ評価は悪くはありません。
口コミの内容ですが
・目の回りのツボをきちんと刺激して,イタ気持ち良くて,非常によい。
・振動パターンもいくつかありますが,そんなものは選択せずに,ただ装着してスイッチを入れ,そのまま停止するのを待つだけで使い方も簡単。
・一応USBバスパワーも使用できるようコード類が付属している。
×本体への差し込み部分の造りがお粗末で,すぐ外れてしまう。
×振動の強弱が調整できない。
しかしこの価格ですから十分満足と言うような評価になっています。
初めての家庭用目元エステマシーンとして使用してみるのにはお勧めです。

目元エステと言うのは、毎日の積み重ねも重要です。エステに行って受ける施術も効果的です。しかしエステに行くことは、毎日は難しいことです。自分でできるケアを紹介しましょう。

まずお仕事による疲れ目や、目元のシワ改善などです。
このような場合は、自分でマッサージをしましょう。
目の下と言うのは、老廃物が溜まりやすい部分です。クマができるとよく言われますが青いクマとなります。これは老廃物が流れず溜まる事でおきます。
目と言うのは人の印象付けをしてしまう個所です。キラキラとした目元を持つ方はそれ不だけで好感度がUPするものです。しかし目の下にクマを作った人はどうしても疲れた印象を受けます。
そんな状態では損をします。さぁ、目に溜まってしまった老廃物を取りましょう。

目の下に溜まった老廃物を、体のリンパの流れに乗せて流してあげましょう。
それには「
マッサージ」が有効です。マッサージをして耳下腺にあるリンパに、流しましょう。
方法は
①目頭から目尻のほうへ薬指を使って優しくクリームを塗ります。

②そのまま指を耳の下まですべらせます。耳の下はリンパ節があります。ここをきつく押すと痛く感じる方はいませんか。この痛みはリンパが詰まっている証拠です。
③耳の下もマッサージしておきましょう。
④首筋から、わきの下へと、マッサージします。

目の疲れを解消する栄養素

3月 8th, 2014

目の疲れを解消する栄養素として、「ルテイン」を聞いたことがありませんか。最近よく耳にすると言う方もいらっしゃることでしょう。
このルテインですがル強い抗酸化作用を持つカロテノイドの一種で、ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれる成分です

目に対する効果としてはルテインとゼアキサンチンは、健康な黄斑と網膜のための大切な要因である黄斑色素濃度を高める働きがあります。ですからルテインやゼアキサンチンが含まれる果物や野菜を多量に食べると白内障の発病率が非常に低くなることや黄斑色素濃度は眼球水晶体の透明度にも関係して来るといわれています。
このルテインは体内で合成することができません。つまり加齢とともに
減少してしまいます。

となると目の衰えや、疲れに影響するルテインは外から補っていかなければならないことになります。
野菜に含まれていると言われているルテインですがルテインの量は微量です。錠剤やサプリメントを利用しましょう。
長時間のデスクワークやパソコン作業と言うのは目を酷使することになります。ケアを怠ると視力にも影響してきます。

 

その目の栄養補給を目的としたサプリメントには、ビルベリーやDHAなどがありますがその一つに「アイブライト」があります。
このアイブライトは簡単に言うと古くから目のサポートを期待されたハーブのことです。
綿毛に覆われた1年草で、高さは4cmくらいの小さな植物で白や赤の花を咲かせます。
ギリシャの学者・テオフラストスにより眼感染症の外用するための浸剤を処方していたとされています。14世紀頃には目のあらゆる疾病に有効なハーブとされ、結膜炎、眼臉炎(まぶたのただれ)、麦粒腫(ものもらい)の外用治療薬として使われていました。
エリザベス女王はエール及び薬草タバコの成分としてアイブライトを取り入れていたとも言われています。
サプリメントやお茶として飲むタイプもありますから目を酷使されている方は取り入れてはいかがでしょうか。
お茶として飲むタイプはリラックス効果もあります。休憩中のお茶として取り入れるのもよい方法ですね。

 

最近、ほとんどの方がスマートフォン

3月 7th, 2014

最近、ほとんどの方がスマートフォンに切り替え、世代によってはもうお風呂まで持っていく人がいるというほどスマートフォンを手放せない人も多くなっています。
あの小さな画面をじっと見ているのです。目が疲れないわけがありません。画面を見ているのはスマートフォンでけではありませんね。スマートフォンを使用していなければテレビを見ることもあるでしょう。
仕事でパソコンを見ることもあるはずです。
そうなると知らず知らずに目は疲れています。目を休ませてあげなければ当然、目の疲れもひどくなっていきます。

 
目の疲れは適度に休憩を取れば解消することができます。
しかし目の疲れも徐々にひどくなるわけですから気が付いたらさまざまな症状があらわれていたということもあります。
たとえば、
「知らない間に片目だけで画面を見るようになっていた」と言う事から左右の視線がずれてしまい、斜視の原因となこともあります。
そこでスマートフォンを使う場合の注意です。
・「ながらスマホ」は、安全面でもよくありません。辞めましょう。

近くで画面を見続け無いようにしましょう。
・2~3分に1度は画面から視線を外すようにしましょう。
これらを守る前にまずは自分がどのくらい長時間スマートフォンを利用しているかを把握し危険を察知しましょう。